天弓 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天弓

天弓1(てんきゅう(チョングン)、: 천궁-1호、KM-SAM、Cheolmae-2)は、大韓民国(韓国)が開発した、一連のミサイル防衛のミサイル名である。天弓のコードネームは、ミサイル防衛用の天弓2천궁 2호)と共通している。天弓ばロシアのS-400を元に開発されたと見られている。

事故[編集]

2019年3月18日 - 江原道春川市の空軍基地配備されていた天弓ミサイルが整備中に暴発する事故が発生。ミサイルは発射直後に空中で爆発した。この際の報道では、天弓の開発費が約8000億ウォン、1発の価格が約15億ウォンと報道されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ボタンも押していないのに…韓国軍の地対空ミサイルが誤発射事故”. 朝鮮日報 (2019年3月19日). 2019年3月19日閲覧。

參照[編集]

  • 天弓2(천궁 2호、改良型)