大関高増 (江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
大関高増
Ozeki Takamasu(黒羽藩主).jpg
伝大関高増像(大雄寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長16年(1611年
死没 正保3年8月21日1646年9月30日
墓所 栃木県大田原市大雄寺
官位 従五位下土佐
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
下野黒羽藩
氏族 大関氏
父母 父:大関政増、母:水野重央娘・しゃむ姫
兄弟 高増増広那須資重継室、浄法寺茂明
正室:分部光信
増親増栄増公(勘右衛門[1])、増俊
屋代忠正正室、村上正尚室、神尾守好室、神谷某室、浄法寺高政室、金丸資時室、
杉原某室
テンプレートを表示

大関 高増(おおぜき たかます)は、江戸時代前期の大名下野国黒羽藩3代藩主。

慶長16年(1611年)、2代藩主・大関政増の長男として誕生。戦国時代同名の人物の曾孫にあたる。

元和2年(1616年)に父・政増が死去し、藩主となった。

寛永10年(1633年)、井上政利西郷正員松平清昌と共に大阪加番に任じられる[2]。寛永13年(1636年)、植村泰朝と共に駿府加番に任じられた[3]正保3年(1646年)、死去。享年36。

嫡男・増親が跡を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 『寛政重修諸家譜』
  2. ^ 『史料綜覧』第12編之917 12頁
  3. ^ 『史料綜覧』第12編之917 138頁

出典[編集]