大谷喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大谷 喜一(おおたに きいち、1951年(昭和26年)- )は、日本の薬剤師、実業家、株式会社アインファーマシーズ代表取締役社長北海高等学校日本大学理工学部薬学科卒。

大谷 喜一 (おおたに きいち)
生誕 1951年????
日本の旗 日本 北海道
出身校 日本大学 理工学部薬学科(現薬学部
職業 アインファーマシーズ(代表取締役社長)

略歴[編集]

  • 北海道枝幸郡浜頓別町生まれ。幼少期を札幌市で過ごしたが浜頓別の中学校を卒業[1]。北海高校に進学し野球部に所属していた。
  • 昭和50年日本大学理工学部薬学科卒業(現薬学部[2]
  • 昭和52年より薬剤師として杏林製薬に勤務。
  • 昭和55年に独立し株式会社オータニを設立、アインエイド、アインメディカルシステムズ、第一臨床検査センター札幌ラボラトリーなどを設立、社長に就任するなどしし一時期は事業の多角化を進めた。
  • その後事業を調剤薬局事業に絞り平成10年に第一臨床検査センターをアインファーマシーズに社名変更し現職[3]
  • 調剤薬局部門において積極的なM&Aを繰り返し、アインファーマシーズを調剤薬局業界最大手に導く[4]

脚注[編集]

  1. ^ 東京大学プレミアム・サロン講師l
  2. ^ 桜縁 NO.27(日本大学校友会、2015年7月) p51-59 先輩にインタビュー薬剤師の仕事
  3. ^ 桜縁 NO.27(日本大学校友会、2015年7月) p51-59 先輩にインタビュー薬剤師の仕事
  4. ^ 以上につき、北海学園大学経営学部・大学院経営学研究科ニトリ寄附講座運営委員会編『ホッカイドリームソーダ 北海道元気企業のトップが語った「難関」と「成功」』(中西出版 , 2006年)2頁プロフィールも参照。