大谷元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 元(おおたに はじめ、1949年12月12日 - )は日本農学者農学博士信州大学名誉教授[1]。専門は食品科学兵庫県出身。

Ohtani,Hajime
Shinshu-u Dr.HO.jpg
生誕 兵庫県
国籍 Japan
プロジェクト:人物伝

略歴[編集]


研究内容[編集]

食品科学[編集]

キーワード:機能性食品、免疫調節食品、アレルギー軽減食品、牛乳・乳製品[3]


受賞[編集]

  • 1981年 - 日本畜産学会研究奨励賞,牛乳β‐ラクトグロブリンの抗原性に関する研究
  • 1987年 - 日本畜産学会賞,牛乳蛋白質の抗原性に関する研究
  • 2005年 - 日本酪農科学会賞,ミルクたんぱく質およびその部分ペプチドの免疫調節機能に関する研究
  • 2008年 - 読売農学賞,牛乳たんぱく質の免疫調節機能の探索と利用技術の開発
  • 2008年 - 日本農学賞 , 牛乳たんぱく質の免疫調節機能の探索と利用技術の開発[4]
  • 2009年 - Animal Science Journal 優秀論文賞,Antigen-binding and protein G-binding abilities of immunoglobulin G in hyperimmunized cow’s milk treated under various conditions[1]
  • 2010年 - 紫綬褒章[5]
  • 2012年 - 日本畜産学会功労賞(西川賞)(2012年度)[6]


参考文献[編集]

  1. ^ a b 信州大学 研究者総覧”. 信州大学. 2014年4月7日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベースより
  3. ^ 大谷元”. reseachmap. 2014年4月7日閲覧。
  4. ^ 農学賞および日本農学賞受賞者一覧”. 日本農学会. 2014年4月7日閲覧。
  5. ^ 信州大学農学部 大谷 元教授 紫綬褒章受章”. 伊那ケーブルテレビ. 2014年4月7日閲覧。
  6. ^ 2012年度日本畜産学会功労賞(西川賞)受賞者”. 日本畜産学会. 2014年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]