大渡順二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大渡 順二(おおわたり じゅんじ、1904年8月17日1989年6月4日)は、日本の医事評論家記者

来歴[編集]

岡山県出身。京都帝国大学中退。朝日新聞社入社、政治経済部記者。結核の闘病体験から医学知識の普及を目的として1946年保健同人社を設立、雑誌『保健同人』を創刊。54年医師守屋博と日本初の「人間ドック」を始めた。日本エッセイストクラブ幹事。

著書[編集]

  • 新体制読本 新紀元社, 1940
  • 結核療養のコツ 回復者は教える 保健同人社, 1955
  • 医者の選び方 保健同人社, 1962.
  • 医者のかかり方実用編 岡本正共著. 保健同人社, 1962.
  • 健康ご意見番 朝日新聞社, 1965.
  • 大渡順二文集. 1(私史) 保健同人社, 1981.7.
  • 大渡順二文集. 2(随筆) (わたしの砂文字) 保健同人社, 1981.8.
  • 大渡順二文集. 3(論索) (心をひらく) 保健同人社, 1990.6.

参考[編集]

  • 日本人名大事典