大津大浦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大津 大浦(おおつ の おおうら、生年不詳 - 宝亀6年5月17日775年6月19日))は、奈良時代陰陽家次いで宿禰、のち連。官位従四位上陰陽頭

出自[編集]

大津氏(大津造、大津連)は摂津国を根拠とする一族で、氏の名は難波大津の名称に因む[1]。一説では毛野氏の一族とされ[1]和銅7年(714年)には大津意毗登が占術を用いることにより還俗を許され叙爵されるなど[2]、代々陰陽家を務めたという[3]

経歴[編集]

代々の陰陽道の家で陰陽学を習得し、藤原仲麻呂に非常に信頼されて事の吉兆を占っていた。大浦は仲麻呂の意向が反逆の謀計に及んでいることを知り、災いが自身に降りかかることを恐れ、そのことを朝廷に密告した[3]。果たして天平宝字8年(764年)9月に藤原仲麻呂の乱が発生すると、正七位上から従四位上へ一挙に10階昇進され、姓から宿禰姓への改姓を許される。さらにまもなく、左兵衛佐美作守に任ぜられた。

天平神護元年(765年)3月に同じく藤原仲麻呂の乱で功績のあった和気王と共に功田を与えられた。しかし、同年8月には和気王の謀反が発生した際、それまで和気王の邸宅で飲食をともにするなど親しく交際していたことからこれに連座して、兵部大輔から日向守左遷の上で位封を剥奪され、姓も連に戻された。さらに神護景雲元年(767年)には日向員外介の官職を解任の上、所持する天文や陰陽などの書物も没収されて官有とされた[4]

光仁朝に入ると、宝亀元年(770年)にを赦されて帰京し[3]、宝亀2年(771年陰陽頭に任ぜられ、宝亀5年(775年)には安芸守を兼ねた。 宝亀6年(775年)5月17日卒去[3]。最終官位は従四位上陰陽頭兼安芸守[3]

官歴[編集]

続日本紀』による。

脚注[編集]

  1. ^ a b 太田[1963: 1216]
  2. ^ 『続日本紀』和銅7年3月10日条
  3. ^ a b c d e 『続日本紀』宝亀6年5月17日条
  4. ^ 『続日本紀』神護景雲元年9月16日条

参考文献[編集]