大村裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大村 裕(おおむら ゆたか、1925年1月4日 - )は、日本の神経学者九州大学岡崎国立共同研究機構生理学研究所名誉教授、医学博士。

経歴[編集]

韓国併合下における京城(現在のソウル特別市)生まれ。1947年九州帝国大学医学部卒業。1953年 九州大学 医学博士 論文の題は「神経活動に及ぼす無機及び有機燐酸塩の影響について 」[1]金沢大学九州大学富山医科薬科大学(現在は富山大学に併合)岡崎国立共同研究機構生理学研究所などで教授を務めた。

受賞歴[編集]

著書[編集]

脳と疲労:慢性疲労とそのメカニズム ISBN 9784320054028

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 科学振興賞受賞者ご芳名”. 内藤記念科学振興財団. 2010年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]