大曲輝斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大曲 輝斎
基本情報
本名 大曲 輝斎
階級 ウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1974-10-15) 1974年10月15日(43歳)
出身地 宮崎県西諸県郡
スタイル ボクサーファイター
テンプレートを表示

大曲 輝斎(おおまがり てるよし、1974年10月15日 - )は、日本プロボクサー宮崎県西諸県郡出身。ヨネクラボクシングジム所属。第44代日本ウェルター級王者。

来歴[編集]

  • 1993年4月6日 - プロデビューするも4R判定負け。
  • 1996年12月21日 - 東日本ウェルター級新人王加山利治を争うも、6R判定引分で敗者扱いで敗退となり引退する。
  • 2000年6月6日 - 3年半ぶりの復帰戦で田中寿憲と対戦し、1-2ながらも5R判定負け。
  • 2001年10月25日 - 第15回B級トーナメントウェルター級で杉山幸一を2RKOで下し優勝。
  • 2002年11月1日 - 第16回A級トーナメントウェルター級で日高和彦を下し優勝。8連続KO勝利で日本ウェルター級2位に浮上。
  • 2005年9月23日 - 湯場忠志の持つ日本ウェルター級王座に挑戦。1R40秒KO勝利で王座を獲得した。
  • 2006年3月21日 - 同級2位竹中義則を2RKOで下し初防衛。
  • 2006年9月19日 - 同級5位新井恵一に大苦戦の末逆転の9RKO勝利で2度目の防衛。
  • 2007年1月3日のボクシング・グランプリ2007、対アレハンドロ・ガルシア戦で3RTKO勝ちを収め、2007年現在タイトル獲得、2度の防衛を含め現役日本人最長となる12連続KOとなった。
  • 2007年1月24日 - 眼筋麻痺の治療のため3度防衛したタイトルを返上。
  • 2008年10月 - 関係者、後援者らに引退する決意を示した。
  • 2008年11月18日 - 1年10か月ぶりに再起戦の予定であったが、足の故障のため欠場となった。

獲得タイトル[編集]

  • 第15回KSD杯争奪B級トーナメントウェルター級優勝
  • 第16回KSD杯争奪A級トーナメントウェルター級優勝
  • 第44代日本ウェルター級王座(防衛3)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
湯場忠志
第44代日本ウェルター級王者

2005年9月23日 - 2007年1月24日(返上)

空位
次タイトル獲得者
湯場忠志