大工育成塾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大工育成塾(だいくいくせいじゅく)は、伝統的木造住宅の振興のための一般社団法人の教育訓練施設。

概要[編集]

  • 少子高齢化および技術・技能の継承で困難になったため、危機となった。対策として、国土交通省からの支援で、2003年10月から育成するために開始[1]。国家プロジェクトで、3年間の研修期間で講義だけでなく、実習、担い手としての大工技能者を重点的に行われてきた。受け入れ工務店の指導棟梁の下で個別に実技指導を受ける現場修業が実施される。
  • 13期で、450名に輩出、2015年4月の入塾を最後に募集停止した[2]

所在地[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「大工育成塾」の塾生募集のご案内(当時)
  2. ^ Net IB News
  3. ^ 職人育成塾
  4. ^ 宮大工養成塾