大島吉綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大島 吉綱(おおしま よしつな、天正16年(1588年) - 明暦3年11月6日1657年12月10日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将槍術家。大島流槍術の祖[1]横江清元の子。通称は新八、雲平、伴六。外祖父大島光義の養子となる。

生涯[編集]

美濃国富加[要検証]の出身。初め加治田衆の義兄弟大島光政と共に行動する。光政の家臣で槍術の達人である湯浅新六の弟子入りし、その後諸国を廻って槍術を学ぶ。

加藤清正に招聘され、文禄・慶長の役に従軍。前田利長に従い大坂冬の陣で活躍。大番の役職を与えられる。戦後3度浪人して修行の旅に出た。のちに柳生宗矩の推挙で紀伊和歌山藩徳川頼宣の槍術指南役を受けて仕えた(加藤清正の娘で頼宣正室の本浄院の繋がりもある)。大島流の開祖となり、隠居後、安心と号した

明暦3年(1657年)70歳で死去。

逸話[編集]

  • 師の湯浅新六が隠棲し、道牧と号した後も、教えを乞う(師匠と弟子の関係で、新六より一字を与えられ、新八、伴六と名乗った)[2][要出典]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『和歌山県史』
  2. ^ 神秘十字研究史 郷土史・地域史・加治田歴史 第1巻 15頁 2017/6/30 天池治彦

外部リンク[編集]