大垣宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大垣宿(おおがきじゅく)は、美濃路宿場である。現在の岐阜県大垣市にある。

概要[編集]

大垣宿は大垣藩大垣城城下町でもある。このように宿場町であり城下町である場所は加納宿等がある。

大垣宿は西口から東口までの長さは約2.9km、京口門(西総門)から名古屋口門(東総門)までの長さは約1.1kmあり、大規模な宿場町であった。京口門と名古屋口門は有事の場合、大垣城の7箇所の門と同時に閉鎖される仕組みであった。

現在の大垣市の地名でいうと、伝馬町 - 本町 - 竹島町 - 俵町 - 船町 - 久瀬川町が該当する。

大垣市はかつての大垣宿の歴史・文化を利用した景観まちづくりを策定している。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

  • 本陣跡(大垣市指定史跡)[1]
  • 脇本陣跡
  • 本町道標
  • 船町道標
  • 住吉灯台

垂井宿までの史跡・みどころ

  • 塩田常夜灯
  • 久徳一里塚
  • 綾戸古墳 / 熊坂長範物見の松

隣の宿[編集]

美濃路
墨俣宿 - 大垣宿 - 垂井宿

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 指定文化財一覧表 (PDF)”. 大垣市 (2013年3月1日). 2013年5月15日閲覧。