大口通商店街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおぐち1番街

大口通商店街(おおぐちどおりしょうてんがい)は、神奈川県横浜市神奈川区にある商店街。横浜市内でも屈指の規模を持ち、周辺の商店街とあわせて大きな商業区画を形成している。区内の六角橋商店街と並んで、横浜三大商店街の一つに挙げられることもある。

概要[編集]

神奈川県道111号線の終点付近にある商店街で、JR横浜線大口駅からおよそ200メートル南の大口通交差点と、第二京浜国道1号)の交差点との間に位置している。後述の大口通一番街を合わせると総延長は1km近くになり、横浜市内でも有数の規模を誇る。 近年その商業圏内にスーパーマーケットトレッサ横浜などの大型商業店舗の進出が相次ぎ、かつては横浜線を使いはるばる東京都町田市付近からもやってきたと言われた頃の勢いはだいぶ陰りが見える。

大口通の周囲には多数の商店街がある。第二京浜との交差点の先には大口通一番街(おおぐち1番街)が京急本線子安駅まで伸びており、また大口通の中間からはあけぼの通り商店街が西方向に伸び、さらにあけぼの通り商店街の先にはななしま通り商店街と続く。

商店街の成立は古く、横浜大空襲の焼け野原から始まった。その復興は目覚しく、商店街を統括する大口通新興商業組合(現:大口通商店街協同組合)が結成されたのは終戦翌年の1946年昭和21年)のことであった。同年2月には市内で最も早く復興したと言われるこの商店街を、昭和天皇は全国最初の巡幸地に選ばれた[1]

活動・催し[編集]

古くから大口通商店街内の商店会ではスタンプサービス(おおぐちスタンプ)を実施しており、加盟店で買い物をするとスタンプが配られる。台紙をスタンプで埋めると商品券として利用できるほか、催しの際の福引券の代替としても使える。また、地元金融機関(横浜銀行横浜信用金庫湘南しんきんの各大口支店のみ)で500円分の現金として預金することもできる[2]2009年9月からは横浜市営バスと連携したお買い物バス制度がある。[3] 日中に指定された系統のバス(7、2931、291系統)に乗って大口通商店街へ向かうと、商店街での買い物において商品の割引などの特典とともに帰りのバス運賃が無料になる。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

座標: 北緯35度29分20秒 東経139度38分43秒 / 北緯35.48889度 東経139.64528度 / 35.48889; 139.64528