夢の樹 (デュティユー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢の樹』(ゆめのき、L'arbre des Songes )は、アンリ・デュティユーが作曲したヴァイオリン協奏曲

概要[編集]

このヴァイオリン協奏曲は、1983年から1985年にかけて作曲され、元々はアイザック・スターン還暦を祝うために作曲された。しかしその時期に完成することが出来なかったため、結局1985年11月5日、パリシャンゼリゼ劇場で、スターンの独奏ヴァイオリンロリン・マゼール指揮のフランス国立管弦楽団によってようやく初演された。

デュティユーの協奏的作品は、この曲の他に、チェロ協奏曲『はるかなる遠い国へ』(Tout un monde lointain… )、ヴァイオリンと管弦楽のための夜想曲 『一つの和音の上で』(sur le même accord)の2曲が知られている。

構成[編集]

全体は大きく分けると4つの部分から成っているが、それぞれのあいだに「間奏」が挿入されているので、細かく見れば7つの部分となっている。演奏時間は約23分。

  • リーブルマン(自由に)-
  • 間奏1-
  • ヴィフ(快活に)-
  • 間奏2-
  • ラン(ゆっくりと)-
  • 間奏3-
  • ラルジュ・エ・アニメ(ゆとりを持って生き生きと)