夢の世界を

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

夢の世界を』(ゆめのせかいを)は、芙龍明子の作詞橋本祥路作曲による日本の合唱曲。橋本の代表作の一つである。混声三部合唱。同声二部合唱もある。主に小中学校で多く歌われる。中学校の教科書には、斉唱から混声三部合唱が載っている。

楽譜は数種類が出版されている。教育芸術社版の楽譜では前奏や間奏が省略されているものがあるが、音楽之友社版の楽譜では省略されていない。また、橋本自身によってピアノ伴奏がアレンジされたものもある。

ハ長調。8分の6拍子。混声三部合唱がスタンダード。基本はソプラノ、アルト、テナーに分けられる。中学で合唱コンクールに歌われることが多い。