多型バベシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多型バベシア
Babesia-divergens.jpg
ウシ赤血球に感染したBabesia divergensギムザ染色
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
階級なし : ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし : SARスーパーグループ Sar
階級なし : アルベオラータ Alveolata
: アピコンプレックス門 Apicomplexa
: 無コノイド綱 Aconoidasida
: ピロプラズマ目 Piroplasmida
: バベシア科 Babesiidae
: バベシア属 Babesia
: 多型バベシア B. divergens
学名
Babesia divergens
(M'Fadyean et Stockman, 1911) Rakovee, 1955
和名
多型バベシア[1]

多型バベシア(たけいバベシア、学名:Babesia divergens)とは、赤血球に寄生する住血原虫であり、ダニの1種 Ixodes ricinus によって媒介される。ヨーロッパにおけるウシバベシア症および redwater fever の主因である。若齢牛では感受性が低い。ヨーロッパにおける持続的農業 (sustainable agriculture) や extensification での近年の状況はベクターであるダニの増加により感染のリスクが増加する傾向がある。

畜産業の重大な損失の原因となるだけでなく、免疫不全のヒトに感染し、70%の事例で爆発的な増殖と寄生虫血症を特徴とする医学的な疾患を引き起こす。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Zintl A, Mulcahy G, Skerrett HE, Taylor SM, Gray JS. (2003) Babesia divergens, a bovine blood parasite of veterinary and zoonotic importance. Clinical Microbiology Reviews 16:4 622-636