外道憤砕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
外道憤砕
監督 浅生マサヒロ
脚本 花形怜
出演者 小沢仁志
大沢樹生
配給 オールインエンタテインメント
公開 日本の旗 2018年7月25日
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

外道憤砕』(げどうふんさい)は、2018年に公開された日本の映画浅生マサヒロ監督、小沢仁志主演。

概要[編集]

ヤクザ映画ではあるものの、遠山の金さん暴れん坊将軍のように、「気のいい町人(本作では喫茶店のマスター)」が最後に「実は権力者(大物ヤクザ)」の正体を明かして悪を征し、視聴者はカタルシスを得るという作りになっている。

主演の小沢仁志の他、大沢樹生小沢和義本宮泰風渡辺裕之小西博之ら、オールインエンタテインメントが製作するヤクザ映画ではお馴染みの俳優陣が出演している。脚本はグルメ漫画の原作者として知られる花形怜が担当している。

あらすじ[編集]

商店街にある喫茶店のマスター秀さん(小沢仁志)は、実は「不死身の竜」と呼ばれる伝説のヤクザ。弱きを助け幾多のトラブルを解決する姿は、昔気質の仁義あるヤクザであった。ある日、喫茶店の常連である刑事の角田(渡辺裕之)からお年寄りをターゲットにした詐欺の話を聞いた秀さんは、調査を進めるうち、実は自らが総長を務める龍文字一家内の者が裏で手を引いている事実を知る。

キャスト[編集]

ナレーション
  • 森羅万象

スタッフ[編集]

  • 監督:浅生マサヒロ
  • 営業総括:人見剛史(オールイン エンタテインメント)
  • 企画:ワールドムービープロダクション
  • プロデューサー:山鹿孝起、小林壽夫
  • ポストプロダクションプロデューサー:小川幸一
  • 脚本:花形怜
  • 撮影:山川邦顕
  • 録音:沼田和夫
  • 編集:小川幸一
  • 音楽効果:GDX aka SHU
  • 助監督:後藤ヨシチカ
  • 監督助手:半沢和樹
  • 衣裳:廣谷愛
  • メイク:上田忍
  • 擬闘:玉寄兼一郎
  • ガンエフェクト:浅生マサヒロ
  • スチール:ヤマタカ
  • 車輌:池田知久・佐藤浩司
  • エンディングテーマ「世直し双龍」作詞・作曲:修aka GDX 演奏:チンピラ兄弟 唄:木庭博光
  • 制作:ワールドムービープロダクション
  • 製作:外道粉砕製作委員会

DVDリリース[編集]

全2作

  • 外道憤砕(2018年8月25日)
  • 外道憤砕2(2018年9月25日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]