外国大学の日本校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

外国大学の日本校(がいこくだいがくのにほんこう)は、日本以外の外国海外地域)に本拠地を持つ大学で、大学・大学院相当の高等教育課程(プログラム)を日本において提供する学校

また、本項では語用・用法上の便宜をもって、それぞれの学校の位置づけの見通しを明るくするために、法制度ほかによる位置づけ(認定・非認定のいかん)に関わらずに、高等教育を提供する学校ないし、それに準じた組織・仕組みについてもできる限り言及するものとする。極端にはディプロマミル問題に関係する自称「大学」の日本校の類についても、適当な補足・誘導をもって言及することとする。

概要[編集]

1980年代より、主にアメリカの大学の日本校(日本キャンパス)という形で存在した。

「大学」の名称であったが、日本の法制度では、学校教育法上の大学の位置づけはされずに、各種学校扱いという曖昧なものであり、また入学も入試を経ない学校が多かったため、保護者からの信頼が得られず、生徒募集難の学校が多かった。そのため、1990年代に一部を除いてほとんどが撤退し廃校となった。

しかし、2000年代になって、文部科学大臣指定校に対してのみ日本の大学院入学資格を認める等の見直しがはかられた[1]。 一方で、日本の教育職員免許法等、外国大学での履修単位を日本の大学と対等に扱っていない法律も存在する。

「文部科学大臣が指定する外国大学の日本校」[編集]

2004年学校教育法施行規則等が改正され、「文部科学大臣が指定する外国大学の日本校」については、卒業生が日本の同等の学校の卒業生と同じ資格で大学院等を受験できる等の制度が設けられた。以下に、「文部科学大臣が指定する外国大学の日本校」の一覧を示す[2]。カッコ内は指定を受けた日。

「文部科学大臣が指定する外国大学の日本校」以外の学校・プログラム[編集]

外国大学が提供するプログラム[編集]

在日米軍施設における学校・プログラム[編集]

日本の領土内であるのに関わらず、日本の国内法が制限を受ける在日米軍施設内にあって、高等教育を提供する学校(組織)ないし仕組みが存在する。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 「外国大学日本校の将来展望」鳥井康照、2006年、『国立教育政策研究所紀要』、第135集[研究ノート]
  2. ^ 文部科学省 (2014年12月25日). “指定を受けた教育機関一覧”. 2015年1月30日閲覧。
  • 遠藤昌子「アメリカ大学日本校修了の意義 : 社会人女性大学院生の英語学習を事例に考察」、『札幌大学女子短期大学部紀要』第48巻、札幌大学、2006年9月、 47-90頁、 NAID 110006556852

関連項目[編集]

外部リンク[編集]