塩釜焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩釜焼き(しおがまやき)とは、または塩と卵白を混ぜた塩釜で食材を包み加熱調理する事、またその調理された物の事を指す。塩釜で食材を包むことにより水分を外へ逃さず蒸し焼きにすることができる。主に祝いの席で食べられるため、塩釜の中身は縁起の良いである事が多い。

歴史[編集]

塩釜焼きは豊臣秀吉朝鮮出兵の際に玄界灘で獲れた鯛を塩で包み、母(大政所)に贈った事が始まりと言われている。