塩酸塩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩酸塩(Hydrochloride)は、塩酸アミン等の有機塩基と反応した結果生じる酸性塩である。フランス語を用いてchlorhydrateとも書く。また、かつて塩酸のことをmuriatic acidと呼んだことから、かつてはmuriateと言った。

例えば、ピリジン(C5HC5N)が塩酸(HCl)と反応すると、ピリジン塩酸塩が生じる。分子式は、C5HC5N・HClまたはC5HC5NH+ Cl-と書く。

利用[編集]

不溶性のアミンを塩酸塩にすることは、それらを可溶化するための常とう手段である。この性質は、薬品となる物質には特に望ましい[1]European Pharmacopoeia欧州薬局方)は、薬品中の活性物質として、200を超える塩酸塩を収録している[2]。これらの塩酸塩は、遊離塩基と比べ、消化管内で溶解しやすく、より速く血流に吸収される。さらに、多くのアミン塩酸塩は、各々の遊離塩基と比べ、消費期限が長くなる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Stahl, P. Heinrich; Wermuth, Camille G., eds (2011). Pharmaceutical Salts: Properties, Selection, and Use (2nd ed.). John Wiley & Sons. ISBN 978-3-90639-051-2 
  2. ^ European Pharmacopoeia 7th Edition 2011, EDQM.