塩橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

塩橋(えんきょう)は、化学用語。電気化学生化学で異なる意味を持つ。

電気化学[編集]

電気化学における塩橋は、陽極と陰極の半電池を結ぶ伝導性の相。

ガルバニ電池#概要 を参照。

生化学[編集]

生化学における塩橋は、タンパク質の中でカチオン性の残基(アルギニンリシン)とアニオン性の残基(アスパラギン酸グルタミン酸)の間に働く弱いイオン性相互作用のこと。タンパク質の高次構造を安定化させる。