φ結合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
f軌道の重なりによるφ結合の形成
φ結合の外観

φ結合(ファイけつごう、: phi bond)は共有結合の一種で、ある電子軌道のローブの6つが別の電子の軌道のローブの6つと重なっているものである。この重なりによって3つの節平面を有する結合性分子軌道が形成され、これらの節平面は核間軸を含み、両原子を通過する。

理論化学者はf原子軌道の重なりに対応するφ結合といった高次結合が可能であると推測してきた。

φの文字はf軌道に由来する。結合軸方向から見た軌道対称性が通常の(6つ葉型)f軌道と同じであることからの命名である。

2005年現在、U2 分子においてのみこの結合が存在すると理論的に予測されている[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gagliardi, Laura; Roos, Bjorn O. (Feb 2005). “Quantum chemical calculations show that the uranium molecule U2 has a quintuple bond”. Nature 433: 848–851. doi:10.1038/nature03249. ISSN 0028-0836.