塚原美村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塚原 美村(つかはら よしむら、1916年2月4日- 2009年[1])は、歴史家、小説家。

山梨県生まれ。東京府立第七中学校(現東京都立墨田川高等学校)卒、日本大学卒。山梨県立甲府第一高等学校教諭。京都の部落問題研究所に所属[2]。下層の人間の歴史を研究した。『金印惑伝』では漢委奴国王印の金印を江戸時代の製作と主張した。

著書[編集]

  • 『未解放部落』雄山閣出版 1967
  • 『行商人の生活』雄山閣出版 生活史叢書 1970
  • 『金銀細工師の生活』雄山閣出版 生活史叢書 1973
  • 『半俘虜』甲陽書房 1989
  • 『金印惑伝 長篇小説』創樹社 1996

[編集]

  1. ^ http://navi.lib.pref.yamanashi.jp/country/files/ta2.pdf
  2. ^ 『未解放部落』著者紹介