堅木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

堅木硬木(かたぎ)とは、ブナナラケヤキラワンマホガニーチークなどの広葉樹材木のこと。

概要[編集]

硬木であり、堅固な木材である。未加工の材面は粗いが、仕上がると美しいものが多く、家具建具、造作材、床材などに用いられる。

戦時下の需要[編集]

第二次世界大戦中、日本は航空機の生産に必要な金属が不足。代替材として硬木を使用せざるを得なくなった。このため1943年に設置された軍需省航空兵器総局第3局木材課を通じて硬木の生産や配給が行われた[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 職員は大半陸海軍人、航空兵器総局機構(昭和18年12月28日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p166 毎日コミュニケーションズ刊 1994年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]