堂森善光寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
堂森善光寺
MaedaKeiji-memorialstone.jpg
前田慶次供養塔
所在地 山形県米沢市万世町堂森山下375
山号 松心山
宗派 真言宗豊山派
本尊 善光寺三尊
創建年 (伝)大同2年(807年
正式名 松心山 光照院 善光寺
別称 出羽善光寺
文化財 阿弥陀如来立像、長井時広夫婦座像(県指定文化財)
法人番号 5390005006338 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

堂森善光寺(どうもりぜんこうじ)は、山形県米沢市にある真言宗豊山派の寺院。山号は松心山(しょうしんざん)。本尊は善光寺式)の阿弥陀三尊出羽善光寺とも呼ばれている。前田利益(慶次)の供養塔がある。

歴史[編集]

平安時代大同2年(807年)に善光寺阿弥陀堂の別当として創建されたと伝えられるが、宝暦13年(1763年)と明治26年(1893年)の二度の火災で全ての古い記録を失い、寺歴を知ることはできない。

文化財[編集]

山形県指定有形文化財[編集]

  • 木造阿弥陀如来立像(通称 見返り阿弥陀如来)
  • 木造伝長井時広夫妻坐像

関連項目[編集]

外部リンク[編集]