堀和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

堀 和平(ほり わへい、1841年2月16日天保12年1月25日) - 1892年明治25年)5月16日)は、日本の洋画家実業家である。岡山県洋画界の先駆者である。

略歴[編集]

氏は堀、名を和平安郷(やすさと)、杏邨(きょうそん)と称した。備中国賀陽郡八田部村(現岡山県総社市総社)西宮本町の豪商堀和助安忠の四男に生まれる。生家は備中国総社宮の神主のほか酒店、質屋、廻船問屋などを営み、屋号を「志保屋」(塩屋)と称し、備中松山藩の御用商人を務めた。二兄、三兄が早世し、長兄堀安道が病弱で学問の道に進んだため家業を継ぐ。1876年明治9年)に玉島の西山武治や柚木金蔵ら有力者と共同で、浅口郡柏島村(現倉敷市玉島)の海面干潟に灰貝(モ貝)の養殖についての願書を県に提出したり、児島味野の足袋を作る材料でもある備中小倉織を売買するなど、実業家としての片鱗を見せている。また、1879年(明治12年)より1880年(明治13年)まで賀陽郡選出の県会議員となって活動している。明治のはじめ頃の「志保屋」はたくさんの使用人がいたらしく、雨の日には、「志保屋」と筆太に書かれた番傘をさした使用人が町内にあふれたという。

原料の洋反や呉服を仕入れるため、しばしば神戸へ出向き、そこで外人から油絵の技法を学んだ。現存作品からみると、油絵具の特質をまだ充分には把握しておらず、暗中模索の域を出ないが、伝統的な図様に写実性を加味した「天神像」(総社市立総社小学校蔵)や温かい眼差しの感じられる「母子像」などは、岡山県洋画史の巻頭を飾る重要な資料といえる。この「母子像」は1977年昭和52年)、明治前期の代表作として、東京近代美術館にも展示されている。

彼のアトリエには、従兄の息子であった満谷国四郎や、吉富朝次郎などがたびたび通い、大きな影響を受けたと思われる。二人は後に、日本における洋画の歴史の上で、大切な役割を果たすことになる。1891年(明治24年)九州の石炭を外国へ輸出する貿易商の仕事を始め、神戸へ移住したが、1892年(明治25年)病気のため急逝した。

和平は、兄堀安道と共に、岡山県立総社高等学校西側の墓地に眠り、墓石には「香屋安郷夫婦の墓」と刻まれている。

作品[編集]

  • 母子像
  • 天神像
  • 山田成器像
  • 自画像
  • ランプを持つ女性
  • 富士山

参考文献[編集]

  • 『総社市人物風土記』(大月雄三郎著)
  • 『わたしたちのふるさと「総社」誇りに思う人々』(総社市教育委員会・総社市郷土学習推進委員会編集、総社市文化振興財団発行)
  • 『総社市史 美術編』(総社市)
  • 『岡山美術の文明開化』(倉敷市立美術館)