堀安道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堀 安道(ほり やすみち、1829年4月11日文政12年3月8日) - 1875年明治8年)9月26日)は、備中国の宗教家である。同国賀陽郡八田部村(現岡山県総社市総社)にある備中国総社宮神主。江戸から明治へ政治が大きく変わる時期に、総社の歴史をまとめ、総社宮や総社のために大きな功績を残した。

四番目の弟は画人であり、実業家でもある堀和平である。

略歴[編集]

備中国賀陽郡八田部村(現・岡山県総社市総社)西宮本町の「志保屋」の堀和助安忠(総社市門田・満谷常観の子)の長男に生まれる。氏は堀、幼名を岩太郎、長じて清一郎また和助と改め、六友居と称した。

堀家はその家譜によると、賀陽臣の出自で、国府の西堀の地に住んでいたため、堀を姓とした。その後八田部に移り、古くから備中国総社宮の神主を勤めた。和助安屋(1817年(文化14年)没)のときに商業を営み、屋号を「志保屋」(塩屋)と称した。与一右衛門安昌のときには八田部村庄屋を勤めている。

安道は病弱であり、明治維新の時に総社宮の神主に選ばれたため、家業を弟の堀和平に譲り自分は好きな学問に身を入れ、国学を総社宮の大宮司池上義知に受け、大祓抄・記紀抄・総社記・吉備国史補・蒼蠅日記及び遺稿等の著を残す。中でも「吉備国史補」は、「備中誌」と題し、堀安道の書いたものではないかと考えられている。また、国詩を小野務・近藤芳樹に学び、詩文を三島中洲に学んだ。なお、1865年慶応元年)7月には平賀元義が志保屋を尋ねて逗留している。安道は平賀元義から国学の教えを受け平賀翁口授を書き残し、また平賀元義への財政的援助もしている。

1871年(明治4年)と1872年(明治5年)には総社宮で大々的な記念祭を催し、村の主だった老人達は旧典を追想し泣く人が多かった。彼の熱心な建議と運動により、1872年末(明治5年)に総社宮は県社に昇格し境内は大いに整備された。同年成章校という総社小学校の前身となった小学校の開設を、県に願い出た中心人物でもあった。1875年(明治8年)には彼の議が用いられ、沼田神社が官社に昇格した。しかし同年、47歳でこの世を去った。このような業績をたたえて、弟である堀和平ら関係者は彼の死後、1880年(明治13年)11月に総社宮の東参道脇に安道を祀る香屋神社を建て、その横に三島中洲撰文、長三洲揮毫の顕彰碑を建てている。また、宝満寺の北東にある久自神社は、もとは志保屋(塩屋)の屋敷内の神様で、御祭神は少彦名命となっている。

墓地は岡山県立総社高等学校西側にある。

著作等[編集]

  • 『大祓抄』
  • 『記紀抄』
  • 『総社記』
  • 『吉備国史補』 - 『備中誌』の可能性あり。
  • 『蒼蠅日記』
  • 『平賀翁口授』

参考文献[編集]

  • 『総社市人物風土記』(大月雄三郎著)
  • 『わたしたちのふるさと「総社」誇りに思う人々』(総社市教育委員会・総社市郷土学習推進委員会編集、総社市文化振興財団発行)
  • 『吉備郡史』(永山卯三郎編、名著出版)
  • 『総社市史 通史編・近世史料編』(総社市)
  • 『岡山県人名辞書』(高見章夫・花土文太郎共著)
  • 『備中国賀陽郡神社明細帳』(賀陽郡役所)
  • 『岡山人名事典』(吉岡三平監修 日本文教出版株式会社)

関連項目[編集]