坂口康蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂口康蔵

坂口 康蔵(さかぐち こうぞう、1885年明治18年)12月2日[1] - 1961年昭和36年)7月28日[2])は、貴族院勅選議員医師東京帝国大学教授。

経歴[編集]

東京府出身。1910年(明治43年)、東京帝国大学医科大学を卒業し、附属病院副手、伝染病研究所技手、東京帝国大学助手を経て、1919年大正8年)に東京帝国大学講師となった[1]。同年、医学博士号を受ける[1]1926年(大正15年)より欧米に留学し、1928年(昭和2年)に帰国したのち、東京帝国大学助教授、東京警察病院院長となった[1]。その後、同大学教授、同医学部附属病院院長、同医学部長、厚生技官などを歴任した[2]。その他、東京帝国大学評議員、日本医師会理事、国立東京第一病院院長を務めた[2]

1946年(昭和21年)に貴族院議員に勅選された。

著書[編集]

  • 『糖尿病治療法』(吐鳳堂書店、1919年)
  • 『糖尿病講話』(近世医学社出版部、1922年)
  • 『「ヴィタミン」ト疾病』(克誠堂書店、1924年)
  • 『インシュリン』(金原商店、1926年)

親族[編集]

  • 添田寿一 - 妻の父[1]。大蔵次官。台湾銀行頭取。日本興業銀行総裁。鉄道院総裁。貴族院議員。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年。
  • 衆議院・参議院編 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1990年。