坂上峯雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂上 峯雄(さかのうえ の みねお、生没年不詳)は、平安時代初期から前期にかけての貴族。名は岑雄とも記される。右兵衛督坂上広野の子。官位従五位下上野介

経歴[編集]

文徳朝末の斉衡4年(857年従五位下叙爵し、翌天安2年(858年)に侍従に任ぜられる。清和朝でも引き続き侍従を務めるが、貞観5年(863年上野介として地方官に転じた。

官歴[編集]

六国史』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「坂上系図」『続群書類従』巻第185所収

参考文献[編集]