坂上氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂上氏
Achi Shrine in Kurashiki.jpg
始祖・阿知使主に由来する阿智神社岡山県倉敷市
氏姓 坂上忌寸
始祖 阿知使主
後漢霊帝後裔、東漢氏祖)
種別 諸蕃
本貫 大和国添上郡坂上
著名な人物 坂上田村麻呂
坂上是則
坂上季武
坂上頼泰
後裔 波多忌寸
新家忌寸
田村氏武家
平野氏地下人
末吉氏(地下人)
徳山氏(武家)
小島氏 (武家)など
凡例 / Category:氏

坂上氏(さかのうえうじ)は、「坂上」をの名とする氏族坂上直姓坂家とも。

代表的な人物に征夷大将軍坂上田村麻呂がいる[1]。田村麻呂の後には史書に見える中で陸奥守や陸奥介、鎮守府将軍や鎮守府副将軍など、陸奥国の高官が多く輩出されている[2]。また清水寺別当、、右兵衛督大和守明法博士左衛門大尉検非違使大尉等を世襲した。

出自[編集]

坂上氏系図によれば坂上直姓の初代は東漢氏坂上直志拏[3]。東漢氏は後漢霊帝の後裔と称し、応神天皇の時代に百済から日本に帰化した阿智王(阿知使主)を祖とすると伝わる。後漢の最後の皇帝献帝の子といわれる石秋王の子が阿智王(阿智使主)で、その後、「高尊王―都賀直―阿多倍王」と続き、阿多倍王の孫が、坂上氏初代の志拏であるという(別説では「阿智使主―都加使主」の子ともされる)。

坂上志拏には坂上志多坂上刀禰坂上鳥坂上駒子らの子があった。その子孫が坂上田村麻呂である。大蔵氏と同族。

系譜[編集]

坂上氏の本拠地は大和国添上郡坂上である。坂上志拏の子の一人である坂上駒子の子が坂上弓束で、坂上首名、老、大国、犬養、そして坂上苅田麻呂と続き、坂上田村麻呂にたどり着く。駒子から苅田麻呂までの歴代の事跡はある程度明らかに伝わっている。判明しているのは、坂上老坂上国麻呂が壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)方として活躍した事と坂上犬養聖武天皇に武才を認められて武人の第一歩を踏み出した事である。

  • 坂上氏の系譜
後漢霊帝━延王━石秋王阿知使主(阿知王)━都加使主(高貴王)━坂上志拏直坂上駒子直弓束直首名直大国犬養苅田麻呂田村麻呂

田村麻呂┳長男大野━氏高━樹並
    ┣次男広野峯雄峯益行松高時
    ┃    ┗当道━広道━國当━恒蔭━範親━定成━範明━明兼
    ┗三男浄野当道好蔭是則望城厚範範親定成━範政━明兼

田村麻呂以降の坂上氏の動向であるが、田村麻呂には坂上大野坂上広野坂上浄野坂上正野、そして桓武天皇の后だった坂上春子らの多数の子がいたと伝わっているが、坂上氏宗家の家督を継いだのは摂津国住吉郡平野庄(大阪市平野区)の領主となった坂上大野だった。しかし大野は早世し、弟の坂上広野が平野庄と坂上氏の家督を継ぐ。その後広野も早死にしたため、その弟の坂上浄野が跡を継いだ。浄野の次の坂上当道は、田村麻呂以来の東北経営と父あるいは伯父の広野(当道は浄野の子とも広野の子ともされている)にはじまる平野庄の経営に携り、子の坂上好蔭は武人として東北で活躍するが、その子の坂上是則、孫の坂上望城は歌人として名をなし、その子孫は代々、京都検非違使庁に出仕し明法博士検非違使大尉を継承した。

広野の子(当道が広野の子なら当道の兄)の坂上峯雄は侍従として都にあったが、孫の坂上峯益も曾孫の坂上行松も東北経営と都での任に就いている。当道の後の平野庄の経営については、平野坂上氏の氏寺の長寶寺記によれば坂上行松が継いだとされる。

坂上行松(坂上行増)を祖とする平野坂上氏の宗家は代々、京都の公家との姻戚関係を維持し、明治時代に東京に移るまでは長寶寺の近くに構えた屋敷に住んでいた。この平野氏から末吉家をはじめとする平野七名家が分かれた、と各家は伝えている[4]。宗家の平野庄の坂上氏を支え、代々「民部」を称し、と並ぶ中世の自治都市の平野を担った。平野七名家は江戸時代は幕府の代官となり5万石を支配地とする。東末吉家(末吉勘兵衛家)、西末吉家(末吉孫左衛門家)に分かれた末吉氏の子孫は、今日も平野の地に留まっている。

坂上氏の一覧[編集]

坂上本家の一覧[編集]

大野系、広野系、浄野系の三系統を坂上氏本家という[5]

大野系[編集]

広野系[編集]

浄野系[編集]

山本荘司家坂上氏[編集]

平姓坂上氏[編集]

法家坂上氏[編集]

系統不詳の坂上氏[編集]

末裔とされる氏族[編集]

子孫とされる氏族には下記のものがある。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の岩手県東和町にある熊野神社

出典[編集]

  1. ^ 太田 1934, p. 2517.
  2. ^ 阿部幹男 2004, p. 63.
  3. ^ 太田 1934, p. 2514.
  4. ^ 長寶寺寺記、末吉氏家譜)[要文献特定詳細情報]
  5. ^ 坂上末満 2001, p. 6.
  6. ^ a b 『地下家伝』第24巻 三条家・西園寺家・徳大寺家・今出川家(諸大夫及び侍)
  7. ^ a b 阿部幹男 2004, p. 64.
  8. ^ 武家家伝_黒木氏
  9. ^ 丹羽基二 1970, p. [要ページ番号].
  10. ^ 和歌山県神社誌 & 和歌山県神社庁, p. Template:Date=平成7年.

参考文献[編集]

関連項目[編集]