地方交付税法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地方交付税法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 昭和25年2月18日法律第211号
効力 現行法
種類 行政法
主な内容 地方交付税の交付について
関連法令 地方自治法地方税法など
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

地方交付税法(ちほうこうふぜいほう、昭和25年5月30日法律第211号)は、地方団体(都道府県および市町村)が自主的にその財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能をそこなわずに、その財源の均衡化を図り、及び地方交付税の交付の基準の設定を通じて地方行政の計画的な運営を保障することによつて、地方自治の本旨の実現に資するとともに、地方団体の独立性を強化することを目的として制定された法律である。

関連項目[編集]