土渕海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土渕海峡
土渕海峡の空中写真(1974年撮影)
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

土渕海峡(どふちかいきょう)は、香川県小豆郡土庄町小豆島本島部(渕崎地区)と前島(土庄地区)を隔てる海峡[1][2]。最狭部は9.93メートルしかなく、「世界で最も狭い海峡」として1996年1月、ギネス世界記録に認定された[2][3]

概要[編集]

土庄町の市街地では両岸がコンクリート護岸で覆われ人工河川のようである[3]が、全長は約2.5キロメートル、最大幅は約400メートルある[2][3]。水深は3.4メートル(満潮時)、1.5メートル(干潮時)[4]

最狭部付近では市街地をつなぐ橋が複数かけられており、南側にある土庄町役場では横断証明書を有料で発行している[1][2]。このうち永代橋(えいたいはし)には香川県道26号土庄福田線が通る。

命名とギネス登録[編集]

土渕海峡という名称は、ギネスブックへ申請する際に海峡の名前が必要であったため、土庄町の「土」と対岸の渕崎地区の「渕」を取って命名されたものである。それまでは、この海峡に名前は特についていなかった[5]

ギネスには1990年に一度申請したが、国家機関の証明がないと指摘され、国土地理院の地形図への記載後に再申請して認められた[6]

特筆事項[編集]

毎年11月に開催される瀬戸内海タートルマラソンでは出発点となっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 土渕海峡 土庄町役場(2022年12月14日閲覧)
  2. ^ a b c d 土渕海峡・フレトピア公園”. うどん県旅ネット. 香川県庁. 2018年3月12日閲覧。
  3. ^ a b c 浅井 2007, p. 91.
  4. ^ 土渕海峡”. 小豆島観光ガイド. 土庄町 (2020年3月6日). 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ 浅井建爾『くらべる地図帳』(2010年9月8日第1刷、東京書籍)p.39 ISBN 978-4-487-80475-7
  6. ^ <気になるスポット>世界一狭い海峡 小豆島の名所に日本経済新聞』夕刊2022年11月17日くらしナビ面(2022年12月14日閲覧)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 土渕海峡(小豆島観光ガイド、土庄町商工観光課)

座標: 北緯34度29分11.30秒 東経134度11分10.26秒 / 北緯34.4864722度 東経134.1861833度 / 34.4864722; 134.1861833