土井首村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
どいのくびむら
土井首村
廃止日 1938年4月1日
廃止理由 編入合併
小榊村土井首村小ヶ倉村西浦上村長崎市
現在の自治体 長崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
西彼杵郡
総人口 3,702
国勢調査、1935年)
隣接自治体 長崎市、西彼杵郡茂木町小ヶ倉村為石村蚊焼村深堀村
土井首村役場
所在地 長崎県西彼杵郡土井首村大字土井首
 表示 ウィキプロジェクト

土井首村(どいのくびむら)は、長崎県南部の長崎半島にあった村。西彼杵郡に属した。1938年(昭和13年)に小榊村小ヶ倉村西浦上村とともに長崎市に編入された。

現在の長崎市土井首地区にあたる。

地理[編集]

野母半島(長崎半島)の中北部に位置する。

  • 山:八郎岳、小八郎岳、熊ヶ峰、兜岳、松尾岳、城山
  • 河川:鹿尾川、竿浦川、大川
  • 港湾・海域:長崎湾

沿革[編集]

地名[編集]

大字を行政区域とする。土井首村では彼杵地域の各自治体で見られるの行政区(地名)を設置していない。[1]

  • 大字竿ノ浦[2]
  • 大字土井首
  • 大字平山

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『西彼杵郡現勢一班』土井首村現勢概要のうち「五、大字及郷」の項目には、村内に存在する郷として土井・上・磯道・網代の4郷が記載されているが、村内における行政上の地区分けとみられる。
  2. ^ 竿浦とも表記する。鎌倉時代の文書には「棹浦」の表記も見られる。いずれも「さおのうら」と読む。

関連項目[編集]