國枝秀世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

國枝 秀世(くにえだ ひでよ、1950年9月 - )は、日本の天文学者。理学博士(名古屋大学)。名古屋大学大学院理学研究科教授。JAXA(宇宙航空研究開発機構)客員教授(兼任)。2009年より日本天文学会理事長。

専門は、X線天文学で、名古屋大学大学院理学研究科の研究室「U研X線グループ」を率い、X線天文衛星(あすか、すざく等)の観測機器開発、気球による天体X線観測手法の開発(アメリカNASAゴダード宇宙飛行研究所との共同研究)、及び、それらを使っての、巨大ブラックホール等天体からのX線の観測・研究を行っている。

略歴[編集]

  • 1975年 名古屋大学理学部物理学科卒業
  • 1978年 名古屋大学大学院理学研究科博士課程中退
  • 1982年 名古屋大学理学博士(論文) 論文名は「X線星MXB1730-335から観測された新しいモードのバースト活動」[1]

著書[編集]

  • 1999年 X線結像光学(培風館)
  • 2002年 国際シンポジウム「X線天文学の新世紀」の集録(パシフィック天文学会)
  • 2004年 宇宙からの情報(放送大学教育振興会)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]