国際障害者交流センタービッグ・アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正面入り口

国際障害者交流センタービッグ・アイ(こくさいしょうがいしゃこうりゅうセンタービッグ・アイ)は、大阪府堺市南区にある、「国連・障害者の十年」を記念して、厚生労働省2001年9月に開設した、研修・宿泊施設。通称「ビッグ・アイ(Big i)

概要[編集]

大阪府立大型児童館ビッグバンの隣に立地する障がい者施設。3階建て地下1階[1]多目的ホールやレストラン、宿泊施設があり、全館バリアフリー化されている。

多目的ホールは1500席で、うち300席は車いすの席にすることが出来る[1][2]。レストラン「ぐらん・じゅ」は栄養士が材料選びやメニュー作り、調理まで一貫して行っており、介護食や流動食などにも対応している[3]。宿泊施設は計35室あり、こちらもバリアフリー化などの配慮がなされている[2]

2002年に第9回堺市景観賞を受賞[4][5]

施設情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「障害者の拠点施設 堺に「ビック・アイ」完成 ホールに300の車いす席など完備」.『産経新聞(大阪)』.2001年9月19日付朝刊、大阪総合面。
  2. ^ a b 「堺市に「国際障害者交流センター」オープン 車いす席300のホールも」.『毎日新聞(大阪)』.2001年10月12日付朝刊、26面。
  3. ^ 「栄養士さんのレストラン 材料選びから調理まで一貫管理【大阪】」.『朝日新聞』.2002年2月17日付朝刊、23面。
  4. ^ 「第9回堺市景観賞 ビッグ・アイなど建築3点風景2点 11日表彰式」.『建設通信新聞』.2002年12月9日付朝刊、11面。
  5. ^ 「「第9回堺市景観賞」決まる 建築物部門 ビックアイなど3件 まち部門に阪堺電車沿道」.『日刊建設工業新聞』.2002年12月9日付朝刊、8面。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度29分43.8秒 東経135度30分44.9秒