国際連合安全保障理事会決議1284

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議1284
日付: 1999年12月17日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 4084回
コード: S/RES/1284 (UNSCR1284)
文書: 英語

投票: 賛成: 11 棄権: 4 反対: 0
主な内容:
  • イラクに査察受入れを再度強調
  • 条件付きの経済制裁中断を決定
  • UNSCOMに代わりUNMOVICを設置
投票結果: 採択(中国、フランス、マレーシア、ロシアが棄権)

安全保障理事会(1999年時点)
常任理事国

中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

非常任理事国
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブラジルの旗 ブラジル
バーレーンの旗 バーレーン
カナダの旗 カナダ
ガボンの旗 ガボン
ガンビアの旗 ガンビア
マレーシアの旗 マレーシア
ナミビアの旗 ナミビア
オランダの旗 オランダ
スロベニアの旗 スロベニア

国際連合安全保障理事会決議1284(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1284、: United Nations Security Council Resolution 1284)は、1999年12月17日国際連合安全保障理事会で採択されたイラク情勢に関する決議。略称はUNSCR1284

概要[編集]

国連安保理決議1284は、イラクの武装解除問題に関する決議で、条件付きで経済制裁の一時停止を盛り込むとともに国連大量破壊兵器廃棄特別委員会(UNSCOM)に代わり国連監視検証査察委員会UNMOVIC)の設置を決定するもの。

決議は賛成11:反対0:棄権4(中国フランスマレーシアロシア)で採択された。

主な内容[編集]

  • UNSCOMに代わり、UNMOVICの設立を決定(但し核兵器関連の査察についてはIAEAが引き続き担当)
  • UNMOVICは4ヶ月毎に安保理に報告を行うことを決定
  • イラクに、UNMOVICと国際原子力機関(IAEA)による兵器査察を受け入れる義務があることを再強調
  • イラクが即時かつ全面的な協力をした場合に限り経済制裁を一時停止することを決定
  • 制裁停止の延期の可否は120日毎に判断すると決定
  • イラクによる協力の欠如や禁止武器の入手などがあった場合、特別な決定がなされない限り5日後に制裁を再開することを決定
  • イラクに、人道的援助、地雷除去などの活動に対し協力する義務があることを再確認
  • イラクに、UNMOVICのイラク政府当局者および施設への即時、無条件かつ無制限のアクセスを許可することを義務付け
  • イラクに、湾岸戦争の捕虜を帰還させる確約の実行を要求
  • イラクに、国民への人道物資および医療物資の配給、イラク国民のニーズに無差別に対処する義務があることを再確認


外部リンク[編集]