国際捜査共助等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国際捜査共助等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 国際捜査共助法
法令番号 昭和55年5月29日法律第69号
種類 刑事法
効力 現行法
主な内容 国際的な捜査の協力について
関連法令 刑事訴訟法逃亡犯罪人引渡法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

国際捜査共助等に関する法律(こくさいそうさこうじょとうにかんするほうりつ)は、外国の要請により、当該外国の刑事事件捜査に必要な証拠の提供(受刑者証人移送を含む)について互いに助け合うことを定められた法律である。制定等の題名は「国際捜査共助法」であり、2004年の改正[1]で、証拠の提供に加えて、受刑者証人移送を行うことができることに伴い、現行の題名に改題された。

構成[編集]

  • 第一章 総則(第1条―第4条)
  • 第二章 証拠の収集等(第5条―第18条)
  • 第三章 国内受刑者に係る受刑者証人移送(第19条―第22条)
  • 第四章 外国受刑者の拘禁(第23条―第26条)
  • 附則

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成16年6月9日法律第89号

関連項目[編集]