国鉄5900形蒸気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山陽鉄道 12形(後の鉄道院 5900形)

5900形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道院・鉄道省に在籍したテンダ式蒸気機関車である。

概要[編集]

元は、山陽鉄道アメリカボールドウィン社で28両を製造した、車軸配置4-4-0(2B)、2気筒単式の飽和式テンダ機関車である。ボールドウィン社の種別呼称は8-24C、山陽鉄道での形式は12形であった。1906年(明治39年)、山陽鉄道は国有化されたが、しばらくは山陽鉄道時代の形式番号で使用された。その後、1909年(明治42年)には鉄道院の車両形式称号規程が制定され、本形式は5900形5900 - 5927)に改められた。

製造の状況は、次のとおりである。

  • 1897年2月(6両。製造番号15166 - 15171) 53 - 58
  • 1897年7月(12両。製造番号15389 - 15400) 59 - 70
  • 1901年5月(10両。製造番号19073 - 19082) 96 - 105

山陽鉄道が急行列車牽引用として本格的に導入したのが本形式で、直径1524mm(5フィート)の動輪を持つ。形態は、典型的なアメリカ古典機スタイルで、ボイラーはワゴントップ形で第1缶胴に砂箱、第3缶胴上に蒸気ドーム、火室上に台座付きの安全弁を設けている。また、1897年製の18両と1901年製の10両とでは、前端ビームや煙突の長さ、ボイラー中心高さ、炭水車ボギー台車の軸距などがわずかに異なっていたが、形式の区別はされなかった。また、先台車の車輪のスポークの本数が1897年製は8本、1901年製は10本であったが、後の振り替えによって入り乱れていた。

また、同時期にロジャーズ社で製造された13形(後の鉄道院5950形)とは、細部の寸法は異なるものの、ほぼ同形である。

国有化後は、関西本線西部、総武本線房総線に転属したが、1923年(大正12年)に17両が岡山に集められ、山陽本線で、残りはそのまま関東地方で使用された。廃車は1925年(大正14年)から1932年(昭和7年)にかけて行われたが、譲渡されたもの、保存されたものはない。

主要諸元[編集]

形式図

前期型の諸元を示す。

  • 全長 : 14,313mm
  • 全高 : 3,626mm
  • 全幅 : 2,754mm
  • 軌間 : 1,067mm
  • 車軸配置 : 4-4-0(2B)
  • 動輪直径 : 1,524mm
  • 弁装置 : スチーブンソン式アメリカ型
  • シリンダー(直径×行程) : 381mm×559mm
  • ボイラー圧力 : 10.2kg/cm2
  • 火格子面積 : 1.39m2
  • 全伝熱面積 : 85.0m2
    • 煙管蒸発伝熱面積 : 76.8m2
    • 火室蒸発伝熱面積 : 8.2m2
  • ボイラー水容量 : 3.5m3
  • 小煙管(直径×長サ×数) : 45mm×3254mm×169本
  • 機関車運転整備重量 : 34.44t
  • 機関車空車重量 : 31.23t
  • 機関車動輪上重量(運転整備時) : 23.49t
  • 機関車動輪軸重(第2動輪上) : 12.08t
  • 炭水車重量(運転整備) : 23.16t
  • 炭水車重量(空車) : 12.49t
  • 水タンク容量 : 9.06m3
  • 燃料積載量 : 2.84t
  • 機関車性能
    • シリンダ引張力(0.85P): 4,620kg
  • ブレーキ装置 : 手ブレーキ真空ブレーキ

参考文献[編集]

  • 臼井茂信「国鉄蒸気機関車小史」1958年、鉄道図書刊行会
  • 臼井茂信「日本蒸気機関車形式図集成」1969年、誠文堂新光社
  • 臼井茂信「機関車の系譜図 1」1972年、交友社
  • 金田茂裕「形式別 国鉄の蒸気機関車 III」1978年、エリエイ出版部 プレス・アイゼンバーン刊
  • 金田茂裕「日本蒸気機関車史 私設鉄道編 I」1981年、エリエイ出版部 プレス・アイゼンバーン刊