国税労働組合総連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国税労働組合総連合
(国税労組)
Japanese Confederation of National Tax Unions(JCNTU)
加盟団体数 13単組
国籍 日本の旗 日本
加盟組織 国公関連労働組合連合会(国公連合)
公式サイト 国税労働組合総連合(国税労組)

国税労働組合総連合(こくぜいろうどうくみあいそうれんごう、英語Japanese Confederation of National Tax Unions(JCNTU)、略称:国税労組)は、国税組織(税務署国税局国税庁)における労働組合である。

概要[編集]

国税職員の一般職員(課長補佐級以下の職員)が加盟している、全国13の労働組合(オブ加盟を含む)からなる協議体組織である。

上部団体としては、日本労働組合総連合会(連合)傘下の国公関連労働組合連合会(国公連合)に加盟している。

また、財務省内においては、全大蔵労働組合連絡協議会(全大蔵労連)に加盟している。

運動方針は、「自由民主主義社会正義」を基調に、組合員の労働条件改善、経済的・社会的地位の向上をめざしている。

加盟組合[編集]

  • 北海道国税労働組合
  • 東北国税労働組合
  • 関東信越国税労働組合
  • 東京国税労働組合
  • 名古屋国税職員労働組合
  • 北陸国税職員労働組合
  • 大阪国税労働組合
  • 中国国税職員組合
  • 四国国税労働組合
  • 福岡国税労働組合
  • 熊本国税労働組合
  • 沖縄国税労働組合
  • 国税庁職員労働組合(オブ加盟)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]