団野雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
団野雅子
生誕 (1952-10-31) 1952年10月31日(68歳)
日本の旗 日本 大阪府
教育女子美術大学芸術学科卒
著名な実績日本画 抽象画 現代美術
代表作「澄心雅奥」
公式サイト団野雅子 Art home page
活動期間 1970年 -

団野雅子(だんの まさこ、1952年10月31日 - )は、山梨県在住の日本画家現代美術家

自然をテーマに、和紙の上に日本画の手法で書かれた抽象画、掛け軸、屏風などを主な作品とする。 日本画の伝統を引き継ぎながらも、モダンな和を表現する作風は『和の現代美術』と称される。 作品は山梨の自然に囲まれたアトリエで、窓辺に座して内なる自然と外なる自然の声を聞き作成している。

来歴[編集]

1972年 女子美術大学芸術学科卒業。

大阪出身だが、山梨に移住し生活の拠点としている。 定期的に行う国内の個展が中心だが、2000年にベルリンで開催された日独交流展への出展以降 ロサンジェルス、ソウル、広州など様々な国外展覧会に出展し、文化交流も盛んである。

美術教師の資格があり、現在も障がい者支援としてボランティアでワークショップを開催している。

個展[編集]

  • 1975 - 1980: 真木画廊・田村画廊 (東京)
  • 1976: ギャラリー白樺 (銀座)
  • 1998 - 2000: ギャラリー人 (東京)
  • 2000 - 2004: ギャラリーリヒトブリック (ベルリン)
  • 2003: セーゲンス教会 (ベルリン)
  • 2007: 山梨県立美術館 ギャラリーエコー企画
  • 2008 - 2011: 不二画廊(大阪) / 法隆寺画廊(奈良)
  • 2010: 大洞ギャラリー チャンオン (韓国)
  • 2000 - 2012: ギャラリーゴトウ (銀座)

グループ展[編集]

  • 1970: 現代美術展 (東京都美術館
  • 1994: 第24回現代アーチストセンター展 (東京都美術館)
  • 1995: 日中交流展 (山梨県立美術館
  • 1996 - 2007: プラクティス (山梨県立美術館)
  • 1996: 第45回モダンアート展 (東京都美術館)
  • 2000: 日独交流展 Gallery O.T.B (ベルリン)
  • 2004: 原風景 (東京都美術館)
  • 2007: 日米交流展 (東京都美術館)
  • 2009: LA ART CORE (ロサンジェルス)
  • 2009: ソウルインターナショナルアートフェスティバル
  • 2009: ハーボンギャラリー (ソウル)
  • 2010: 日韓交流エコアート展 (山梨県立美術館)
  • 2011: 日中韓交流展
  • 2011: 美林美術館 (広州中国)

脚注[編集]

外部リンク[編集]