四国中央紙まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

四国中央紙まつり(しこくちゅうおうかみまつり)は、愛媛県四国中央市を代表する夏祭りである。

概要[編集]

古くから四国中央市を支えてきた「産業」に対する感謝の意を込めて、7月最終土曜日から2日間、盛大に開催される。紙おどり、書道パフォーマンス甲子園、食いしんぼ横丁、大道芸フリーマーケット、紙製品の販売などのイベントがある。

沿革[編集]

  • 1977年(昭和52年) - 川之江青年会議所 (JC) が実施した市民アンケート調査で、「新しい郷土のまつり」の発想に多数の賛成票を獲得。
  • 1978年(昭和53年) - 第1回川之江ペーパーカーニバル開催。
  • 1980年(昭和55年) - 川之江紙まつりに名称変更。
  • 1981年(昭和56年) - 紙おどりを開催。
  • 2004年(平成16年) - 自治体合併により、四国中央紙まつりに名称変更。
  • 2008年(平成20年) - 第1回書道パフォーマンス甲子園開催。
  • 2010年(平成22年) - 書道パフォーマンス甲子園の会場を、栄町商店街から川之江体育館に変更。

特徴・見どころ[編集]

書道パフォーマンス甲子園[編集]

全国から予選を勝ち抜いてきた高校生達が、音楽に合わせて大きな筆で揮毫し、字の美しさやパフォーマンスを競い合う。このイベントが、映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」のモデルとなった。

紙おどり[編集]

鐘や太鼓のリズムに合わせて、「連」と呼ばれる地元企業や自治会のグループなどが、紙漉きの動きを取り入れた紙おどりを競い合う。

アクセス[編集]

JR川之江駅または松山自動車道三島川之江IC高速バス停から、15-30分置きにシャトルバスを運行。

外部リンク[編集]