嘉手苅林次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嘉手苅 林次
出生名 嘉手苅 林次
生誕 (1956-08-04) 1956年8月4日(63歳)
出身地 日本の旗 日本
沖縄県コザ市
ジャンル 民謡
職業 歌手、三線奏者
担当楽器 三線
活動期間 1974年 -

嘉手苅 林次(かでかる りんじ、1956年8月4日 - )は、沖縄民謡歌手。民謡歌手・嘉手苅林昌の次男である。

来歴・人物[編集]

1956年、父・林昌、母・秋子の間に5人兄弟の次男として沖縄県コザ市(現在の沖縄市)で生まれる。幼い頃から父・林昌の民謡を見よう見まねで覚え、18歳で琉球民謡協会にて教師免許を取得した。1976年からは林昌とともに沖縄市内の民謡クラブ「なんた浜」に22年間勤めた。1999年には映画「ナビィの恋」で林昌と親子共演した。

現在は琉球民謡協会師範、嘉手苅流弦生会師範の肩書を持ち、沖縄市照屋にある「民謡スナック真喜志とみ子」に勤務している。

映画出演[編集]

  • 「もしもしちょいと林昌さん わたしゃアナタにホーレン草 嘉手苅林昌 唄と語り」(1995年、高嶺剛監督)
  • ナビィの恋」(1999年、中江裕司監督) - 長老の息子 役

関連人物[編集]