喜久水酒造 (長野県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
喜久水酒蔵株式会社
Kikusui Shuzou Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
395-0807
長野県飯田市鼎切石4293
設立 1944年(昭和19年)7月26日
業種 食料品
事業内容 酒類の製造及び販売
代表者 代表取締役社長 濱島光男
資本金 7300万円
外部リンク http://kikusuisake.co.jp/
テンプレートを表示

喜久水酒造株式会社(きくすいしゅぞう)は、長野県飯田市にある酒類製造業者である。清酒焼酎ワインリキュール等の各種商品を製造販売している。

醸造には、地下水を汲み上げて利用。焼酎醸造に用いる黒こうじの清酒への影響を避けるため、焼酎工場は完全別棟としている。

沿革[編集]

  • 1944年(昭和19年)7月26日下伊那酒造株式会社を創立。この会社は、飯田税務署管内にあった35~39の酒造場(35場[1]、36場[2]37場[3][4]、39場[5])が、1943年(昭和18年)10月8日に発令された企業整備令により、半数の廃業がやむなくなったため、全員が一旦廃業して新しく設立した会社である[1]。創立時の新聞記事によれば、資本金120万円、2万4千株で、社長には宮島唯七、副社長には田口政治郎が就任した[6]
  • 1951年(昭和26年)7月 喜久水酒造株式会社に改称。
  • 2002年(平成14年)9月 本社を移転。

前史[編集]

喜久水という名称の由来[編集]

1944年(昭和19年)に設立された下伊那酒造株式会社は、飯田市中心部の仲ノ町にあった村田屋酒造店[7]の建物等を利用して本社とした[8]。 村田屋酒造店は、酒の銘柄として「喜久水」を用いていたが、下伊那酒造株式会社設立時に組合員の投票により「喜久水」を銘柄名に決定した[9]。村田屋酒造店がつけた喜久水の名は、慶応元年飯田藩士が楠木正成公の湊川神社から分霊を授かって祀られた場所で、楠木正成の家紋である菊水から「多くの人に長く久しく喜びを」との願いを込めて名付けられた[8]1947年(昭和22年)の飯田大火により村田屋酒造店の蔵も焼け落ちたが、2016年(平成28年)の発掘調査で、「村田酒店」の筆書きがある預け徳利が発掘されている[10]

飯田市仲ノ町にあった喜久水酒造の旧蔵。現在改良中

代表[編集]

  • 代表取締役社長 宮島八束

事業所[編集]

  • 本社・工場(長野県飯田市)

主要製品[編集]

清酒[編集]

  • 喜久水
  • 喜久水娘
  • 猿庫の泉
  • 翠嶂
  • たかね錦
  • 天龍
  • 七年古酒

焼酎[編集]

  • 今此処(乙類、麦)
  • OTO(乙類、麦)
  • こめ焼酎(乙類)
  • 信州白峯(甲類)
  • そば焼酎(乙類)
  • むぎ焼酎(乙類)

果実酒[編集]

  • アップルワイン
  • ブルーベリーワイン
  • 山ぶどうワイン

リキュール[編集]

  • かりん酒
  • 竜峡小梅(梅酒)

出典[編集]

  1. ^ a b 飯田の商勢三百年(1959)小林郊人編著、信濃郷土出版社、p55
  2. ^ 明治の飯田(1965)小林郊人編著、信濃郷土出版社
  3. ^ 信州の地酒(1990改訂)信濃路出版、p132
  4. ^ 信州地酒がいど(1985改訂)信濃路編集部編、信濃路出版、p146
  5. ^ 信州地酒めぐり(1971)信濃路出版p164
  6. ^ 信濃毎日新聞:昭和19年7月28日南信版4面
  7. ^ 明治の飯田(1965)小林郊人編著、信濃郷土出版社p8-10
  8. ^ a b 信州の酒(1971)アース工房編集部編、アース工房発行、p103
  9. ^ 信州の酒の歴史(1970)田中武夫編、長野県酒造組合発行、p339
  10. ^ 飯田市教育委員会(2017)飯田城下町遺跡p29-31


外部リンク[編集]

喜久水酒造