和俗童子訓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

和俗童子訓』(わぞくどうじくん)は、江戸時代、福岡在住の儒学者貝原益軒によって書かれた教育論であり、『養生訓』、『大和本草』などと並んで彼の代表的な著作である。

養生訓』に先駆けること3年、彼が81歳の1710年に執筆され、日本で最初の体系的な教育書といわれている。儒学者である彼は儒教の子育て観の影響を強く受けており、たとえば三字経からの影響が指摘されている。

江戸時代の教育機関である寺子屋での教育に強い影響を与えたとされている。

構成[編集]

  • 一巻:総論上
  • 二巻:総論下
  • 三巻:随年教法、読書法
  • 四巻:手習法
  • 五巻:教女子法

外部リンク[編集]