立花 (墨田区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
吾嬬神社から転送)
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 墨田区 > 立花 (墨田区)
立花
—  町丁  —
東あずま駅 駅舎(2008年1月1日)
立花の位置(東京23区内)
立花
立花
立花の位置
座標: 北緯35度42分26.25秒 東経139度49分54.54秒 / 北緯35.7072917度 東経139.8318167度 / 35.7072917; 139.8318167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Sumida, Tokyo.svg 墨田区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 20,837人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 131-0043[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

立花(たちばな)は、東京都墨田区町名。現行行政地名は立花一丁目から立花六丁目。郵便番号は131-0043[2]

地理[編集]

墨田区の東端部に位置する。北で東墨田、東で旧中川を挟んで対岸に江戸川区平井、南で江東区亀戸、西は文花および八広。町域の東辺を旧中川をもって墨田区-江戸川境、南辺を北十間川をもって墨田区-江東区境とする。

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、立花5-17-13の地点で30万4000円/m2となっている[4]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

吾嬬神社(あづまじんじゃ 吾嬬権現社隅田川神社)ゆかりの「弟橘姫(おとたちばなひめ)」に由来。弟橘姫は日本武尊(ヤマトタケル)の東征神話で、尊が相模より房総へ渡る際、暴風雨に見舞われ、海を鎮めるために“いけにえ” となり海中に没した人物。その遺品が流れ着き葬って塚としたものが「吾嬬神社」の始まりといわれる。(吾嬬=わが妻)の意とされる。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
立花一丁目 3,370世帯 6,263人
立花二丁目 894世帯 1,542人
立花三丁目 1,483世帯 2,787人
立花四丁目 1,862世帯 3,725人
立花五丁目 1,859世帯 4,139人
立花六丁目 1,179世帯 2,381人
10,647世帯 20,837人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
立花一丁目 全域 墨田区立立花吾嬬の森小学校 墨田区立吾嬬立花中学校
立花二丁目 全域
立花三丁目 2〜11番
その他 墨田区立東吾嬬小学校
立花四丁目 全域
立花五丁目 全域 墨田区立中川小学校
立花六丁目 全域

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路・橋梁[編集]

道路
橋梁
  • 旧中川に架かる橋
  • 北十間川に架かる橋
    • 福神橋(東京都道306号王子千住夢の島線(明治通り))
    • 新小原橋(東京都道476号南砂町吾嬬町線(丸八通り))

施設[編集]

有名人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月別世帯人口”. 墨田区 (2017年12月1日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 墨田区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

外部リンク[編集]