向正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

向 正義(むかい まさよし)は日本の漫画家。

1994年コミックパピポで新人賞を経てデビュー。読み切りでは一風変わったキャラクターや捻ったオチ、長期連載ではファンタジー物や気の強いヒロインに潜むM性を引き出して調教するといった作風が多い。パピポ休刊後は電撃PlayStationの付録冊子『電撃4コマ』の1コーナーである「中原美少女通信」で男性キャラのイラストを描いていたが、2008年同コーナーの女性キャラを担当していた桜本ナオヒサが有名イラストレーターの画集からトレースしていたことが判明。同コーナーは打ち切りになり、巻き添えの形で向も連載を失う。

その後の長期の活動停止期間を経て、2011年同人誌の挿絵で活動を再開。2012年には長年刊行されなかった「銀竜の黎明」完結編となる4巻が刊行された。

パピポ休刊後はイラストレーターの仕事だけだったが2015年電子出版の形で自らの同人サークル「MM館」から「レティエスの導き」を発表、漫画家としての活動を再開。年末には「銀竜の黎明」のノベライズ「銀竜の黎明 女剣士&女戦隊長、完堕る」が刊行され原作と表紙絵を担当、2008年以来久しぶりに商業誌での活動を行った。

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

  • フィジカル・メッセージ (1996.12、Xコミックス、フランス書院
  • 背徳の彼方 (1998.08、Xコミックス、フランス書院)
  • 淫落遊戯 (1999.12、Xコミックス、フランス書院)
  • 真実の補完 (2001.05、Xコミックス、フランス書院)
  • GUILTY SACRIFICE 胎動編 (2002.12、Xコミックス、フランス書院)
  • GUILTY SACRIFICE 完結編 (2002.12、Xコミックス、フランス書院)
  • 銀竜の黎明 Vol.1 (2004.01、Xコミックス、フランス書院)
  • 銀竜の黎明 Vol.2 (2005.02、Xコミックス、フランス書院)
  • 銀竜の黎明 Vol.3 (2006.12、Xコミックス、フランス書院)
  • 銀竜の黎明 Vol.4 (2012.03、Xコミックス、フランス書院)

小説挿絵[編集]

  • ゴライアスの魔女 メリサ・デ・キリコの左手 (1996.07、小説・浦野健・ナポレオン文庫、フランス書院)
  • 魔城伝説 光と闇のサーガ (1997.02、小説・浦野健・ナポレオン文庫、フランス書院)
  • 魔辱の館 快楽に魅せられた少女たち (1997.09、小説・美風流司・ナポレオン文庫、フランス書院)
  • スルトの魔剣1 二人の王女 (1999.10、小説・藤本芳行・ナポレオンXXノベルズ、フランス書院)
  • スルトの魔剣2 白き魔女ゲルダ (1999.10、小説・藤本芳行・ナポレオンXXノベルズ、フランス書院)
  • 独逸要塞の伯爵令嬢 美人少尉イリス (2001.11、小説・赤城梓・ナポレオンXXノベルズ、フランス書院)
  • 銀竜の黎明 女剣士&女戦隊長、完堕る (2015.12、小説・御堂乱・フランス書院文庫、フランス書院)※(表紙のみ・原作も担当)

同人誌[編集]

  • 九壱(2011.5、Palette Enterprise・挿絵)
  • MagicalGirl(2014.8、Palette Enterprise・挿絵)
  • レティエスの導き Vol.1(2015.2、MM館・漫画)
  • レティエスの導き Vol.2(2017.4、MM館・漫画)