吉野鉱山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉野鉱山(よしのこうざん)とは、かつて山形県南陽市(旧吉野村)に存在した鉱山

概要[編集]

江戸時代以前からの歴史を誇り、亜鉛重晶石石膏などを産出した。戦前は、小規模な鉱区が群棲しており各々操業していた。このうち、吉野石膏山(吉野石膏採掘所)において、石膏を採掘・精製していた業者が明治年間(1901年ごろ)に後の吉野石膏を創業。その後アメリカで開発された石膏ボードの生産と普及に努めたことによって全国的に知名度が高まった(吉野石膏山そのものの休廃止時期は不明)。

戦後、日本鉱業が鉱区を統合し、操業を続けていたが、河川の酸性化、カドミウムの流出などの鉱毒問題が発生。1974年に閉山に追い込まれた。

現在は、金属鉱業等鉱害対策特別措置法に基づいて、指定鉱害防止事業機関[1]が鉱害防止業務として坑廃水処理場を設置し、流出する酸性水の中和作業を実施している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 財団法人資源環境センター

関連項目[編集]