吉田憲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉田 憲治(よしだ けんじ、1930年昭和5年)1月17日 - 2014年平成26年)6月29日)は日本の実業家、元トマト銀行社長・会長。岡山県津山市出身。

略歴[編集]

  • 1930年(昭和5年) - 米三の二男として生まれる。
  • 1953年(昭和28年) - 大阪市立大学法学科を卒業、三和相互銀行(現・トマト銀行)へ入行、企画部長などを歴任する。
  • 1974年(昭和49年) - 同社代表取締役に就任。
  • 1978年(昭和53年) - 同社代表取締役常務に就任。
  • 1982年(昭和57年) - 同社代表取締役専務に就任。
  • 1983年(昭和58年) - 同社代表取締役社長に就任。
  • 1988年(昭和63年) - 普通銀行への転換に伴い、当時の山陽相互銀行から改称した「トマト銀行」で第5回新語・流行語大賞新語部門銅賞を受賞。
  • 1992年(平成4年) - 同社代表取締役会長に就任。
  • 2014年(平成26年)6月29日 - 岡山市内の自宅で死去、84歳[1]
  • その他、岡山経済同友会代表幹事、全国相互銀行協会理事などを歴任した。

参考[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年

脚注[編集]

  1. ^ “吉田憲治氏が死去 元トマト銀行社長”. 日本経済新聞. (2014年7月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0703V_X00C14A7CC1000/ 2014年11月2日閲覧。