古閑の滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古閑の滝
古閑の滝.jpg
古閑の滝(雌滝)
位置 北緯32度55分18.3秒
東経131度8分40.4秒
所在地 熊本県阿蘇市
落差 100m
滝幅 20m
水系 白川水系古閑川
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

古閑の滝(こがのたき)は、熊本県阿蘇市にある。手軽に楽しむことのできる氷瀑として知られている。

概要[編集]

雄滝と雌滝からなり、落差はそれぞれ80m、100m。
ともに水量に乏しく、岩肌が湿る程度の貧弱な流れで目立たない。しかし北西の季節風の吹き付ける冬季(1月〜3月)になるとその姿を一変させ、 豪壮な氷瀑と化す。特に落差100mの全てが凍結する雌滝は圧巻で、その威容は阿蘇カルデラ内の随所から望まれる。 寒気が去り氷が緩むと、やがて落氷の音がの集落にまで響き渡るようになる。この音は地元では春の訪れを告げる風物詩として親しまれている。かつては滝氷を氷室に貯蔵し、夏季に病気治療に利用したという[1]

また、同じ阿蘇市内の仙酔峡には落差約6mの涸れ滝があるが、こちらも冬季に結氷し、裏見の氷瀑として知られる。

アクセス[編集]

国道57号坂梨交差点より駐車場(有料)まで約2km。駐車場から滝下までの遊歩道は舗装され、鉄製の階段等もありよく整備されている。 滝下まで徒歩約5分。冬季には杖やスパイク付長靴等の貸し出しもある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]