古郡家1号墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古郡家1号墳
Kokoge Kofun Group-1, funkyu.jpg
墳丘(右に前方部、左奥に後円部)
所属 古郡家古墳群
所在地 鳥取県鳥取市古郡家(字上ノ山)
位置 北緯35度27分5.16秒
東経134度14分0.91秒
座標: 北緯35度27分5.16秒 東経134度14分0.91秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長92.5m
埋葬施設 粘土槨1基
箱式石棺2基
出土品 副葬品多数・埴輪
築造時期 4世紀末葉
史跡 なし
有形文化財 出土遺物(鳥取県指定文化財)
特記事項 因幡地方第1位の規模
地図
古郡家1号墳の位置(鳥取県内)
古郡家1号墳
古郡家1号墳
テンプレートを表示

古郡家1号墳(ここおげいちごうふん)は、鳥取県鳥取市古郡家にある古墳。形状は前方後円墳。古郡家古墳群を構成する古墳の1つ。史跡指定はされていない。出土遺物は鳥取県指定保護文化財に指定されている。

因幡地方(鳥取県東部)では最大規模の古墳で、4世紀末葉(古墳時代中期初頭)頃の築造と推定される。

概要[編集]

鳥取県東部、鳥取平野南縁の低丘陵(通称「上ノ山」)上に築造された古墳である[1]1957年昭和32年)に発掘調査が実施されている[1]

墳形は前方後円形で、前方部を北北東方に向ける[2][1]。墳丘は2段築成[2]。墳丘長は92.5メートルを測るが、これは因幡地方(鳥取県東部)で最大規模になる[3]。墳丘表面では円筒埴輪・朝顔形埴輪による埴輪列のほか、形象埴輪(家形・盾形埴輪)、葺石が認められている[2][1]。主体部の埋葬施設は、後円部中央における粘土槨1基・箱式石棺2基の計3基からなり、発掘調査ではこれらの埋葬施設から多量の副葬品が検出されている[1]。築造時期は古墳時代中期初頭の4世紀末葉頃の築造と推定され[1]、一帯では南東の六部山3号墳(墳丘長65.5メートル、因幡地方最古級の前方後円墳)に後続する有力首長墓に位置づけられる古墳である[4]

出土遺物は2014年平成26年)に鳥取県指定保護文化財に指定されている[3]

埋葬施設[編集]

後円部墳頂

埋葬施設としては、後円部に3基が認められている。3基の埋葬方向は、いずれも墳丘主軸に直交する東西方向[1]

  • 中央棺
    粘土槨で、後円部中央に位置する。長さ6.3メートル、幅1.3-1.6メートル。棺からは八ツ手葉形銅製品のほか勾玉・管玉等の副葬品が検出された[1]。特に八ツ手葉形銅製品は、同型品が奈良県新沢500号墳で知られるのみになる[2][3]
  • 南棺
    箱式石棺で、中央棺の南側に位置する。長さ1.43メートル、幅0.44-0.46メートル、深さ0.38メートルで、西に石枕を置き、棺内面は丹塗りされていた。棺から副葬品は検出されず、代わりに再葬骨の残存が認められている[1]
  • 北棺
    箱式石棺で、中央棺の北側に位置する。長さ1.9メートル、幅0.44-0.46メートル、深さ0.40メートルで、西に土師器壺転用枕を置き、棺内面は丹塗りされていた。棺からは重圏文鏡・櫛・短甲・鉄剣等の副葬品が検出された[1]。特に短甲は、類例中では最古に位置づけられている[3]

文化財[編集]

鳥取県指定文化財[編集]

  • 保護文化財(有形文化財)
    • 古郡家1号墳出土遺物一括(考古資料) - 明細は後出[5]鳥取県立博物館保管。2014年(平成26年)10月3日指定[3]

関連施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 古郡家一号墳(平凡社) 1992.
  2. ^ a b c d 古郡家1号墳(古墳) 1989.
  3. ^ a b c d e 古郡家1号墳出土遺物一括(鳥取県ホームページ「とっとり文化財ナビ」)。
  4. ^ 鳥取市古郡家1号墳・六部山3号墳の研究(鳥取県ホームページ)。
  5. ^ 平成26年10月3日鳥取県公報 (PDF) より鳥取県教育委員会告示第26号(鳥取県ホームページ)。

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

  • 平川誠「古郡家1号墳」『日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 4490102607
  • 「古郡家一号墳」『日本歴史地名大系 32 鳥取県の地名』平凡社、1992年。ISBN 4582490328

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 『古郡家1号墳・六部山3号墳の研究 -出土品再整理報告書-』鳥取県立公文書館県史編さん室編、鳥取県、2013年。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、古郡家古墳群に関するカテゴリがあります。