古谷光男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古谷光男ふるやみつお)は文化放送ディレクター秋田県出身。

主な担当番組[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 1997年10月、おたっきぃ佐々木が『超機動放送アニゲマスター』のメインパーソナリティーに就任したことに伴い、『ソフィアの純愛』を除くおたっきぃ佐々木が担当していたコナミミュージックエンタテインメントがスポンサーを務めていたラジオ番組を全て引き継ぎ、『田村ゆかりのいたずら黒うさぎ』でコナミミュージックがスポンサーから撤退するまで、コナミミュージック系のラジオ番組のディレクターを全て担当していた。
  • 各番組で「親方」と呼ばれているが、『もっと!ときめきメモリアル』や『Club db』では、呼ばれておらず、時期・パーソナリティ・番組の継承などから、『SOMETHING DREAMS マルチメディアカウントダウン』が始まりと考えられる。[要出典]
  • ギター歴5年である。『堀江由衣の天使のたまご』で結成された軽音部(黒薔薇保存会)でも、ギターを担当している。ここでのバンドネームは親方をもじった「OYKT」で、最近は「親方」よりこの呼ばれ方の方が多くなっている。

外部リンク[編集]